メニュー

メニュー

小学3年生の教材の特長

小学3年生の国語 特長

作文力と読解力の基礎を養い、さらに上をめざせるレベルまで、教科書を超える国語力が身につきます

漢字・ことばが身につく反復学習

基本問題では、漢字、語彙、言葉の使い方をしっかり学びます。応用問題では、遊ぶように学ぶうちに考えを深めて基礎を定着させていきます。

読解力を高める問題の質と量

説明文や物語文などさまざまなジャンルの作品にふれながら、内容や情景を想像する力を伸ばします。身近なことから、物語の中の世界まで想像力を働かせることができるようになります。

語彙や漢字を使いこなし、論理的思考力を高める問題

文字の成り立ちや言葉の意味を問うパズルのような問題で、漢字や言葉を自分のものとして使いこなせるようにしていきます。

充実した作文教材

文章の中から答えを見つけるだけでなく、自分の言葉で説明する経験を積み重ねていきます。「着眼点」「表記」「意欲」の項目に、段階的に「語彙」「構成」「表現」の観点を加え、高学年では6項目の観点から評価・指導していきます。

国語の添

やる気を引き出す作文添削

学年があがるにつれて学習内容が複雑になるため、お子さんに合わせて丁寧に指導しています。また、作文指導では内容を深める問いかけやアドバイスを行い、確実なレベルアップにつなげます。

佐藤友樹先生
まなびwith「国語」問題作成者
佐藤 友樹先生

ドラえもん学習シリーズ(小学館)など著書多数。

将来に活きる理解力や表現力の土台をつくる教材です。
漢字や語彙など国語の知識だけでなく、理科・社会なども含めた教養が身につく読解や作文問題を作成しています。

小学3年生の算数 特長

計算や文章題、図形問題で教科書以上の力を身につけ、はじめて見る問題にもわくわくして取り組めるように。

計算力が身につく反復学習

基本問題では、計算の考え方や手順を理解した後、反復学習を積み重ね、定着を図ります。応用問題では、どの知識を使って解くか考えて、考えにたどりつく「応用スキル」を身につけます。

論理的に整理をして、考えを深める問題

これまでに学習してきた知識を効果的に使って、最も効率的に問題を解く方法を考えます。与えられた条件を整理し、推測して考えを深めます。

豊富な図形問題

図形が重なっても、どの知識が必要かを読み取り、答えを求めることができる練習をします。図形をイメージするトレーニングを重ね、豊かな図形感覚を養います。

文章題を得意にする図化学習

図はことばと同じく、自分の考えを伝えるツールです。「まなびwith」では文章題を図に表すことで場面を理解し、迷わず立式できる力を伸ばしていきます。


算数の添削

学年が上がるほど学習内容も複雑になるので、どのように答えを導き出したかを常に推察し、過去の答案も確かめながら、一人ひとりのレベルに合わせた添削をしています。

細水保宏先生
「まなびwith」算数(小3~6コース)「図形」解説動画ご出演
細水 保宏先生

明星小学校 校長

図形学習は実際に手を動かして学ぶことが大切
図形を組み合わせたり、見えないところに線を引いたり、実際に自分の手を動かすことで、図形の性質を理解し、その知識を自分のものとして使えるようになっていきます。

小学3年生の思考 特長

通信教育業界で初導入(※)
「思考の達人ツール」を体系化してカリキュラムに。
※2018年10月小学生向け通信教育教材として(当社調べ)。

「思考の達人ツール」って何?

自分の考えを深めるために使う図のことです。この図に言葉を書き込み、自分の考えを「見える化」することで、「考えを整理し、深める」、さらにそれを表現する練習を行います。

どんなツールがあるの?

理由付けする「クラゲチャート」や構造化する「ボーン図」などのツールを習得し、考えるためのワザを身につけていきます。



ツールでどんなことを学ぶ?

「自由に考えていいよ」と言うだけでは、子どもは何をどう考えていいかわかりません。思考の達人ツールを使って、答えがひとつではないテーマについて考えることに慣れていきます。

試行錯誤しながら、自分なりのものの見方や新しい切り口を見つけられるよう導きます。「人と同じでない」答えになることをおそれず、自分なりの意見や視点を持てるようになります。

トレーニングを積むことで、きちんと「自分の考え」を書けるようになり、今日考えたことを整理する習慣がつきます。読み手へのわかりやすさにも気をつけながら、「考えたことを書く」ことを習慣化します。

三宅貴久子先生
まなびwith思考の達人ツール 開発者
三宅 貴久子先生

NPO法人学習創造 フォーラムFiLC理事/教育アドバイザー

「自分で考えを整理し、深める力」と「意見を説明する力」を伸ばします。
思考の達人ツールの目標は、「ツールを使いこなせるようになること」ではありません。「考え方のワザ」を身につけ、自由な発想ができるようになるのが目標です。

小学3年生の英語 特長

「聞く、話す」「読む、書く」をバランスよく習得。確かな英語力を実感でき、「自信」がつきます。

スゴロク形式で楽しく学べ、知らず知らずのうちに、言えて・聞ける。

RPG風のスゴロク型アドベンチャーゲームの世界で、お子さんは、新しい英語の知識を身につけ、たくさんの英語を聞いたり発音したりすることで、次々とミッションをクリアしていきます。英語学習に夢中になることができます。

アレン玉井光江先生
まなびwith 英語教材開発者 
アレン玉井 光江先生

青山学院大学文学部教授、教育学博士、児童英語教育学会理事

生活の中で英語にふれる機会が少ない子どもたちが英語の読み書き能力を手に入れるためには、効果的な方法でシステマティックに学習していくことが大切です。「スゴロクENGLISH」は、最新の理論に基づき、日本人児童のために特別に開発されたリタラシーメソッドでつくられています。楽しくゲームをしながら、確実に英語の力を伸ばしていきましょう。

小学3年生の理科・社会 特長

各学年1年分の内容を1冊にまとめています。復習にも予習にも活用できる構成です。

「導入まんが」で興味喚起、基礎知識の定着

身近なテーマで興味をひく「導入まんが」にはじまり、要点がわかりやすくまとめられた「おぼえよう」、新しい知識を定着させる「基本問題」「演習問題」へ。

実験映像で理解の深化をサポート

小学館オリジナルの実験・観察映像を配信。「おぼえよう」とあわせて映像を確認することで、過程や理由への理解を深めます。

小学3年生のおうちに届く教材

毎月届く教材

  • ワークブック

    ワークブック

    国語・算数・思考の達人ツールをまとめた1冊です。

  • 添削テスト

    添削テスト

    毎月2枚、学習の仕上げとして取り組み、提出します。

入会時に届く教材

  • ワークブック理科
    ワークブック社会

    1年間で学ぶ内容を1冊に、予習にも復習にも活用できます。
    ※ご進級時にもお届けします。

  • 漢字・計算王テスト

    これまでに学習した漢字・計算から出題します。後日「結果表」をお届けします。 ※ご進級時にもお届けします。

  • 学年末実力診断テスト

    1年間の学習が身についているかを確認する総仕上げのテストです。

※画像はイメージです。内容は変更になる場合があります。

お問い合わせ

よくある質問

Q.会費について教えてください。
Q.子どもの学年以外のコースを受講することはできますか? また複数のコースは受講できますか?
Q.まなびwithと他社との違いを教えてください。

ページトップへもどる