就学時健診って??あわせて知っておきたい小学校入学準備のこと

10月頃にもなると、年長さんのお子さんがいらっしゃる保護者の方は、通っている園の行事を経るごとに、今年が最後かぁ・・・と感慨深くなることも多いのではないでしょうか。

また、この時期は、小学校から就学時健診の予定が届いたり、いよいよ入学準備が本格化していく時期でもあります。

今回は、就学時健診の概要と、あわせて、お子さんの楽しい小学校生活のスタートのために、ご家庭での入学準備の参考になる情報をご紹介します。

通知が来た?就学時健診ってなに?

就学時健診は、各自治体の教育委員会が、就学を予定しているお子さんの心と体の状況を把握し、必要なアドバイスなどを行うために、各学校単位で実施されています。多くの場合、健康診断、面接などが行われるようです。

以下が就学時健診の一般的な流れです。

①受付・・・名前を確認して書類などをもらい、健診を行う教室などへ移動します。

・地域によって、高学年の子たちが各親子の引率をしてくれるところも。
・問診票などへの記入があるかもしれないので、筆記用具を忘れずに。

健診・・・問診票をもって、各教室を回ります。

・内科検診を想定して、着脱しやすい服を着ていくとあわてずにすみます。

③面接・・・各教室や体育館に設けられたブースなどで、先生との面接です。

・はじめは子どもと先生だけ、その後親も参加というケースが、はじめから3人で面接するケースなど、学校によって様々です。

・子ども本人への質問は、名前、園の名前やクラス名、好きな遊び、好きな食べ物、などが多いようです。

確認しておきたい、一年生の学校生活

登校ルートや時間割などは予め確認しておきたい重要事項。両親が働いてる場合、こどもたちの帰宅時間や学童保育のことなども確認して親子で準備をしておきましょう。

<<チェックしておきたい項目の例>>

①登校は集団?個人?
集団であれば、集合時間や集合場所などの確認を。 個人であれば、入学前に通学路の下見をお子さんと一緒にするのがおすすめです。

②授業は1コマ45分?
もし1コマ45分であれば、家庭でも、本を読む、絵や字を描く、などを一緒にしながら「45分ってこれぐらい!」という練習をするとお子様も感覚をつかみやすいかもしれません。

③下校は集団?個人?
実際には下校は個別の場合がほとんどです。心配な場合は通学路の下見をしたり、同じ町内の子どもたち同士で帰るように事前に親同士で相談をしたりしておくのも良いかもしれません。

④宿題はちゃんとできそう?
宿題をこなすためにも、落ち着いて机に向かう練習がしばらくは必要ですね。

勉強できる空間づくりは?

小学生になって家庭での学習習慣をきちんと身につけさせたいと考えているなら、子どもが落ち着いて学習ができる空間を用意してあげることが大切です。

どこで学習するのか?

家庭内で学習する場所を最初に決めておきましょう。必ずしも、自分専用の子ども部屋で勉強しなければいけないとは限りません。それぞれの場所のメリットがあります。

・リビング学習
おうちの方の目の届くところなので、大人がすぐに対処できます。お子さんも見られていると思うと頑張れるかもしれません。

・子ども部屋
自分だけのスペースということで、気分も盛り上がり、やる気につながる子もいるでしょう。

・兄弟と同じ部屋
兄弟一緒にできると、相手に刺激されて勉強できることが多そうです。

学習机はどうする?

小学校入学のタイミングで、学習机の購入を考える方も多いでしょう。
学習机は単なる「机」としてではなく、「学習環境」として長い目で考えることがとても重要になってきます。

展示場などに行くと、子どもが欲しくなる要素がたくさんの机が並びますが、机はお子さんが大人になってからも使うものだと考えて購入するのが良いでしょう。自分専用の場所として、一人で悩み、考える場所となります。自立した大人への成長につながる場所として、考慮したいものです。

学習机をとりあえずは買わない場合、お子さんと話をして、「この時間はここで勉強をしようね」と決めておくのがいいかもしれません。 今のうちに決まった場所で、10分でも読書やお絵かきの時間を普段から決めておくと、入学後、家庭学習の習慣化にもつながります。

入学までにどこまでできればよい?

始めは学校に慣れるまで遊び感覚の時間もたくさんありますが、落ち着いてくると意外と習うことは多く、授業がどんどん進みます。

ひき算、たし算の土台づくりや、ひらがな・かたかなの読み書きなど、入学前に国語や算数につながる力を家庭で身につけておくと、お子さんもゆとりをもって授業に臨めます。また、時計が読めるようにしておくと、学校・家庭での生活リズムを整える手助けにもなるので大変おすすめです。

その他、先輩ママに聞く「あんなことやこんなこと」

①担任の先生との連絡手段は?

連絡帳をメインに使用する学校が多いかと思います。5月ごろまでは、毎日プリントで渡してくれる学校もありますが、中には、すぐに自分で書くところも。まだひらがなを書けないので心配、という場合は事前にしっかり確認しましょう。

②トイレどうしてる?

和式のトイレが残っている学校もまだありますね。和式のトイレを使ったことのないお子さんは、お話をして練習させてあげましょう。また、着ていく洋服によっては上手にできない子もいますので、始めは服のことも考えたほうがよさそうです。

他にも心配なことがあれば、就学時健診の際に確認すると良いでしょう。

以上、入学準備についてご紹介しました。ぜひお子さんの入学にあたり、参考にしてみてくださいね。

> 子育てを考える > 入学準備 > 就学時健診って??あわせて知っておきたい小学校入学準備のこと

関連記事