2019年4月スタート!小学館の新しい通信教育『まなびwith』とは?

幼児・小学生の通信教育である『ドラゼミ』・『ぷちドラゼミ』が、2019年4月号より幼児から小学生まで一貫の新しい通信教育『まなびwith(ウィズ)』に生まれ変わります。今回は新しい通信教育『まなびwith』の特長をご紹介します。

bg.jpg

どうして今、『まなびwith』に変わるの?

2020年から新学習指導要領が導入されるのをご存知ですか?「2020教育改革」と言われるほど、学校教育には大きな変化があると言われています。 

そこで小学館グループは、これまで幼児・小学生の教育分野で培ってきたノウハウを最大限に生かし、子どもたちがこれからの新しい社会、世界で活躍できる力を身につけるための通信教育『まなびwith』を2019年4月にスタートさせます。

新学習指導要領のポイントは「単なる知識の習得にはとどまらず、それを活用し、自分の考えを表現する」というもので、重視される力は「思考力」「判断力」「表現力」。

『まなびwith』はこれらを「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」と再定義し、それらの力を高めることに着目した新しい教材です。

  

9年間一貫カリキュラムでこれから必要になる力の育成に対応。

小学生から始まる新たな学習にもスムーズに移行できるよう、『まなびwith』9年間一貫カリキュラムでその年齢に最適な教材を提供し、これから必要となる「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」を育てていきます。

年少・年中・年長コース

1、4つの入り口から楽しい学びの世界へ!

tokutyou_yoji_pc.png

「まなぶのが好き」とはじめに思うこと。それは、子どもたちにとって一生続く財産です。

『まなびwith』の年少~年長コースでは、4つの分野

  • 「ことば・もじ」
  • 「かず・かたち」
  • 「たいけん」
  • 「ちえ」※年中・年長コースのみ

を通して「まなぶって楽しい!」という体験を生活の中で積み重ね、まなびの芽を育てていきます。 

2、『プレNEO図鑑』シリーズで、調べて学ぶことを自然と身につけられる!

小学館の人気図鑑シリーズ『小学館の図鑑NEO』の幼児版『プレNEO図鑑』のコンテンツが教材に登場!

実際の図鑑ページを使いながら自分で調べ、知識を習得していくことの楽しさを体験します。 

3、小学館の絵本が毎号掲載。読書の習慣や語彙力、読解力が身につく

小学館の絵本も教材でフル活用!毎月、厳選されたお話に触れることで、読書の習慣がつくのはもちろん、語彙力や読解力が育ちます。将来の表現力につながる大事な要素です。 

4、「まなぼうず」と一緒に、楽しみながら小学生以降の学びの土台づくり。

main_01.jpg

幼児にとってなじみの深い、鉛筆やはさみ、折り紙、のり、絵の具などの「文房具」をモチーフにした新キャラクターが「まなぼうず」。かわいらしいキャラクター設定で、お子さんに身近に感じてもらいながら、楽しく「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」の基盤を育てます。

小学生コース

1、小学生向け通信教育で初!『思考の達人ツール』を体系化して導入。「かんがえる力」を強化。

sikou.png

『思考の達人ツール』とは、考えを整理して深めるために使う図です。この図を使って自分の考えを「見える化」することは、自分が何を考えているのかを「見える化」し、「考えを深める」ことにつながります。

最終的には6年間で10個の「思考の達人ツール」を使いこなすことで、答えが一つではないテーマについて、自分で考えをまとめ表現することができるようになります。

2、自発的に楽しく興味を持って、思考・判断・表現するきっかけとなるメソッド『ナゾトキ学習』

support_zoom_sho2_01.jpg

東京大学の学生を中心とした謎解き政策集団「Another Vision(アナザービジョン)」が謎解き問題を作成、名探偵コナンがナビゲートする『ナゾトキ学習』「AnotherVisionからのちょうせん状」を毎月の教材とともにお届け。

本教材と連動した良質のお楽しみコンテンツお子さんのやる気を促し、通信教育にありがちな「教材がたまってしまう」という悩みを解消します。

3、充実のデジタル学習コンテンツ

手書きでの学習を重視する一方で、理解を深めるためのデジタル教材も積極的に取り入れ、身近で興味を持ちそうなものを題材にした「導入映像」(小1・小2コース)を会員サイトで配信。

ひとりでも学習に取り組むきっかけづくりをするほか、3年生以上ではつまずきそうな問題には「解説映像」を用意し、子どもたちの学びに寄り添ったサポートを展開します。 

そのほか、ステップ学習やスパイラル学習で確実な学習効果!

新学習指導要領に基づいた国語・算数の基本的な学習内容に加え、小学館の強みを活かした「作文」「読解」や「文章題の図化」、学校の授業では不足しがちな「図形」学習に力を入れた充実のオリジナル教材を考案、英語学習にも早期に対応しています。

こうしたカリキュラムは9年間にわたって段階的に習得できる「ステップ学習」で構成し、それぞれ反復的な出題手法「スパイラル学習」も取り入れることで確実に学習効果を高めていきます。

教育が変わる前に、変わろう!『まなびwith』1週間分の無料教材セットはHPまたはお電話で

いかがでしたでしょうか。教育改革に本気で向き合うため、小学館が新たにスタートさせる『まなびwith』。教育が変わる前に、その新しい流れを体験してみませんか。

ただいま『まなびwith』では、1週間分の無料お試し教材セットを配布中。お申し込みは、HPまたはお電話で。

 

siryoBtn.jpg

フリーダイヤル:0120-33-1039

受付時間:10:00~20:00 土曜日のみ16時まで(日・祝休日、年末年始を除く)

 

 

> まなびwithを知る > 2019年4月スタート!小学館の新しい通信教育『まなびwith』とは?

関連記事